白米、玄米、雑穀米の違いは?

白米、玄米、雑穀米は、何が違うの?

違いの説明

私も雑穀米生活を始める前までは、

勝手に勘違いしてたり、なんとなくわかるといったあいまいな感じでした。
ここでまとめてみようと思います。

 

 

白米

玄米を精米したもの。
玄米から、ヌカと胚芽を取り除き、胚乳のみにしたもの。

 

玄米

稲のもみ殻だけをとった状態の、精白する前のお米。
周りをヌカに覆われているため茶色くビタミン・ミネラル・食物繊維、葉酸、亜鉛が
豊富に含まれている。

 

雑穀米

白米に玄米、粟、ひえ、きび、ハトムギ、大麦、黒米、赤米、アマランサス、キノアなど
数種類の雑穀を混ぜて炊くご飯のこと。
食物繊維、カルシウム、鉄分などのミネラルが豊富に含まれている。

 

白米、玄米、雑穀米の比較

100gあたりのカロリー:白米=玄米=雑穀米=168cal
栄養価:玄米=雑穀米>白米
食事に取り入れやすさ:白米>雑穀米>玄米
調理のしやすさ、扱いやすさ:雑穀米=白米>玄米
妊活されている方へのおすすめ:玄米>雑穀米>白米
体質改善といった食養生の方へのおすすめ:玄米>雑穀米>白米
家族の健康を日々の食事から採りたい:雑穀米>玄米>白米

 

 

まとめ

違いの説明

カロリーは3つとも変わらず、雑穀米と玄米は

栄養価が非常に高いので
白米より玄米や雑穀米を積極的に食生活に採りいれたいですね。

 

しかし、調理のしやすさでは、玄米が扱いにくかったり、
食べずらかったりするので、
妊活されている方や食養生の方など
徹底した身体の管理をされたい方には玄米はおすすめです。

 

日々の生活の中で手軽に健康を継続されたい方は、雑穀米がおすすめです。

 

白米はとっても残念な食べ物?!

以前通ってた料理教室の先生から、白米はとてももったない食べ物なんだよと教わりました。

それは、
白米を逆から書くと「米白」→「粕」となるように
白米自体に炭水化物のカロリーがあるだけで、栄養素がないことです。

 

取り除かれた糠と胚芽には食物繊維、ミネラル、ビタミンB1B2、鉄分を含み残った白米には
炭水化物のみです。

 

「糠」は、「米」の中で人を健「康」にしてくれると昔の人が言ってたことからすれば、
白米は、玄米に含まれている豊富な栄養素(ビタミンB群やEなど)が取り除かれてしまった
もったいない状態なんです。

 

玄米は最強な食べ物なの?!

玄米はとても栄養価が高い一方、白米に比べて調理時間が長いのが難点だったり、

よく噛まないと栄養価が吸収できないため、
小さいお子さん、お年寄り、胃腸の弱い方にとっては
栄養吸収が十分にされずに流れてしまうということも考えられます。

 

そこで私たち家族がたどりついたのが、雑穀米なのです。
旦那さんが大好きな白米に混ぜるだけで
玄米のような食物繊維、ミネラル、ビタミン、鉄分が毎日補え、
子供もおじいちゃん、おばあちゃんも安心して食べられる。

 

白米と玄米のいいとこどりの雑穀米こそが、我が家の最強な食べ物でした。

 

 

 

 

 

画像