家族みんな大好き♪我が家の定番 やずやの【発芽十六穀米】をご紹介

やずや 発芽十六穀米

我が家の大定番のやずやの【発芽十六穀米】をご紹介します。我が家では、定期便を頼んでいるのですが、今回、近くに住むお姉ちゃん家族におすすめ雑穀米を聞かれ、即答で、やずやの【発芽十六穀米】を推薦!
おすすめ理由を熱く語り、お姉ちゃんにやずやの回し者?と笑われ(笑)もちろん違いますよ。
すぐに、お姉ちゃん家族がお試しを購入したと聞き、訪問しました。

 

 

雑穀米 効果 画像

>>さらにお得に購入したい方は【お徳用サイズ】がおすすめ

 

 

届いたのがこちら↓↓↓
雑穀米 効果
注文してすぐ届いたそうです。

 

 

やずやからの温かいメッセージ
雑穀米 効果
季節ごとに変わるメッセージも楽しみの一つ。

 

商品だけでなく、ダンボールまでにやずやからの感謝の気持ちと心温まる言葉は
日々子育てでバタバタする日常にホッと優しさを運んでくれます。
こんな所もおすすめする魅力の一つです♪

 

 

開けてみると

 

雑穀米 効果 画像 雑穀米 効果 画像

 

【今回注文したもの】やずや 発芽十六雑穀
  • レギュラーサイズ 1800円+税
  • 25g×15小袋
  • 送料無料

 

そしてこんな嬉しいプレゼント付き♪
これには、姪っ子も喜んでいましたよ。

 

おにぎりケース

 

かわいいランチボックス「おにぎりパックン」を1商品につき1個
初めて申し込みの方に付いてきます。

 

雑穀米 効果 画像ご注文数にかかわらず、「おにぎりパックン」を1商品につき1個プレゼント♪
ただし、十六雑穀お徳用サイズと、十六雑穀レギュラーサイズを一緒にお申し込みの場合、お届けするおにぎりパックンは1つとなります 。
※今現在、おにぎりパックンのキャンペーンは終了しています。

 

原材料と栄養成分 やずやのこだわり

■内容量:25g×15小袋入り

 

■名称:発芽十六雑穀

 

■材料:
発芽もち玄米/発芽はだか麦/胚芽押し麦/発芽青玄米/発芽もち黒米/発芽もち麦/
発芽ハト麦/発芽もち赤米/発芽もちきび/大豆/発芽もちあわ/発芽小豆/発芽ひえ/
青大豆/黒大豆/発芽とうもろこし

 

■栄養成分100gあたり
エネルギー:343kcal、たんぱく質:9.5g、脂質:2.2g、糖質:68.7g、食物繊維:5.2g、
ナトリウム:2mg、γアミノ酪酸:7mg

 

 

やずやのこだわり やずやのこだわり

 

他にはないやずやの雑穀米の4つの特徴と全栄養成分
16種類の雑穀は全てが国産で安心安全!

12種類の穀物と4種類の豆類は全て国産なので、おいしさが外国産に比べて全く異なります。雑穀米のもっちり食感は噛むほどに雑穀の香ばしい旨みと自然な甘みが感じられます。

 

1パック使いきりで毎日手軽に続けられる!

炊飯器に一袋を入れ混ぜるだけの簡単な手軽さで、毎日続けられます。不足しがちなミネラル・ポリフェノール・食物繊維などを少しずつ補えます。

 

16種類のうち12種類を発芽させ栄養価をアップ!

良質な素材にさらにひと手間かけ、にがり水にひたして発芽させ、うまみ成分、ギャバ、アラニンを増加させています!

 

遺伝子組み換え穀物は一切不要!

遺伝子組み換え大豆・とうもろこしを使用していません。また放射線物質の検査など、徹底した品質管理のもとで行っています。

 

やずやの雑穀米の全栄養成分の効果
発芽もち玄米 身体を温める作用やGABA(ギャバ)が玄米の約8倍・白米の約25倍、甘みがあります。
発芽はだか麦 水溶性食物繊維は白米の15倍以上と免疫力を高め、腸内環境を整えてくれます。
胚芽押し麦 食物繊維が白米の約20倍も含まれ、腸内環境を正常に保つ効果と利尿作用がありデトックス効果があります。
発芽青玄米 白米と比較してマグネシウム7倍、フィチン酸が8倍、ギャバが15倍と身体の中にパワーとストレスフリーにしてくれます。
発芽もち黒米 ポリフェノールを含むため、美肌効果や動脈硬化やがんを予防、滋養強壮に優れ造血を促し貧血予防にもなります。
発芽もち麦 食物繊維が多く含み腸内環境を正常に保ちます。穀類の中でも高タンパク、高ミネラルでもちもちした食感があります。
発芽ハト麦 アミノ酸バランスが優れ、美肌効果、新陳代謝の促進、利尿作用、解毒作用があります。
発芽もち赤米 抗酸化作用のある赤褐色の色素タンニンを含み、高血圧や脳卒中を抑えます。
発芽もちきび リン、カリウム、鉄を含み、血行促進効果があり、もちっとした食感とコクがあります。
大豆 女性に嬉しい成分、大豆イソフラボンや大豆サポニンを含んでいます。
発芽もちあわ ビタミンB1B2、カリウムを多く含み、内臓の強化や消化不良に効果的です。
発芽小豆 ビタミンB1、鉄、食物繊維が豊富で、赤い皮にはサポニンやアントシアニンが含まれ老化を抑制します。
発芽ひえ 血中の善玉コレステロール値を高める作用とマグネシウムは白米の約4倍、亜鉛は約2倍含まれています。
青大豆 食物繊維、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、葉酸など様々な栄養素が含まれています。
黒大豆 たんぱく質、イソフラボン、大豆オリゴ糖とポリフェノールの一種であるアントシアニンを含み、抗酸化作用があります。
発芽とうもろこし 高い抗酸化力とともに血行を促進する作用もあるので、老化防止や冷え症の改善や更年期障害を緩和します。

 

雑穀米 効果 画像

>>さらにお得に購入したい方は【お徳用サイズ】がおすすめ

やずや発芽十六雑穀を炊いてみます♪

お姉ちゃん宅を後にし、自宅に戻りいつものように炊いてみます。

 

十六雑穀米炊く画像

 

お米2合につき、やずや発芽十六雑穀1小袋を入れ、2合分の水と大さじ2位の水を足し、軽く混ぜます。そして、そのまま浸水させます。

 

浸水させた後は、炊飯器に入れいつも通りスイッチON!するだけ♪本当に簡単です。

 

その間におかずの準備をしつつ炊き上がりを待ちます。

 

雑穀米 デメリット 画像炊き上がって蒸らしが終わったら大きく返してほぐす『天地返し』をしましょう。天地返しによって炊飯器の中のごはんの味が均一化し、さらに余分な水蒸気が飛ぶのでおいしく食べられますよ。

 

お茶碗に盛り付けて出来上がりです♪

 

盛り付け

 

今日もおいしく炊き上がりましたよ。

 

ほんのりピンク色なのは、黒米と赤米が入っているからです。この色素がアントシアニンとタンニンと呼ばれ、抗酸化作用や高血圧の低下に効果があります。

 

彩りきれいでもっちもちで何よりおいしい♪

 

噛めば噛むほどに、雑穀の自然な甘みが口いっぱいに広がります。

 

旦那さんも娘もぱくぱくおいしそうに食べてくれる事がママにとっては、一番嬉しい瞬間です。

 

今日も家族でおいしくいただきました。

 

雑穀米が余ったしまった場合のおすすめ保存法

雑穀米がその日のうちに食べ切れなかった場合は、温かいうちに1食分ずつラップで包み、粗熱を取ってから冷凍するといいですよ。

 

おむすび画像

 

食べるときはレンジや蒸し器で解凍しましょう。冷凍しても、風味や食感は損なわれなくておすすめです。

 

我が家では、ゆかり(娘の大好物♪)のおむすびにしてから、冷凍しておいて、朝食に解凍して食べています。忙しい朝には大助かりですよ。

 

血圧が高めだった旦那さんも日々の雑穀米の効果で今回の健康診断はA判定をいただきました♪毎日の食事ってやっぱり大事ですね。

 

雑穀米 デメリット 画像

雑穀米 効果 画像

>>さらにお得に購入したい方は【お徳用サイズ】がおすすめ