雑穀米の正しい炊き方と雑穀米の冷凍のすすめ

雑穀米の炊き方

 

白米2合に1小袋をめやすに加え、いつもより水加減をやや多め(大さじ2〜3杯程度)
に入れます。

 

夏は30分、冬は1時間ほど浸水させます。
炊き上がったら15〜20分蒸らします。

 

炊き上がって蒸らしが終わったら
大きく返してほぐす『天地返し』をしましょう。

 

天地返しによって炊飯器の中のごはんの味が均一化し、
さらに余分な水蒸気が飛ぶのでおいしく食べられますよ。

 

 

もっちもちでふっくらおいしい雑穀米ごはんの出来上がり♪

 

旦那さんも娘もパクパクおいしいそうに食べてくれる瞬間が
一番嬉しいですね。

 

 

おいしいひと手間

雑穀米と一緒に昆布おいしい塩ひとつまみ入れると、
自然塩が穀物の甘みを引き出し昆布でうまみがプラスされます。

 

さらにおいしく、子ども達ももりもり食べる雑穀入りご飯ができますよ♪

 

我が家では、自家製の塩麹を大さじ1弱位をいれるのがお気に入りです。

 

>> 我が家で愛用しているおすすめな炊飯器はこちら

すぐに食べきれない場合は、炊飯器の保湿のままでいいの?!

雑穀米の炊き方

炊飯器で長時間保温すると、ツヤがなくなり風味が落ちやすいので、

長時間保存するのに向いていません。

 

すぐに食べない分は、温かいうちに1食分ずつラップで包み、
粗熱を取ってから冷凍しましょう。

 

食べるときはレンジや蒸し器で解凍しましょう。
冷凍しても、風味や食感は損なわれなくておすすめです。

 

おむすびにしてから、冷凍しておいて、朝食に解凍するのも忙しい朝には助かりますよ。

 

雑穀米 効果 画像

雑穀米 効果 画像