糖質制限ダイエットをサポートするのに雑穀米が効果的!?

薬剤師画像

まず、最初に糖質制限ダイエットと言って、専門家などの医師がいない状況下で、3食主食を抜くのは、ストレスの原因になり、非常に危険で続けることが不可能に近いです。

 

雑穀米 糖質制限 画像一番大事なのは、糖質との上手な付き合い方を学び、できる範囲で糖質制限をし、さびない身体を作ることです。

 

>>糖質制限ダイエットのサポートにおすすめな雑穀米はこちら

 

糖質制限をすこしでもサポートするには雑穀米が効果的です!

普段毎日食べている白米は、糖質がとても高い高GI値(=90)って知ってましたか?

白米や白いパンなどの精製されている食べ物は、吸収が早く血糖値が急激に上昇しやすいのです。

 

そこでおすすめなのが、低GI値の玄米や雑穀米です。

 

この2つは、低GI値(GI値55)とされ、糖質は、もちろんありますが、玄米や雑穀米には、食物繊維やミネラル、ビタミンなどが豊富に含まれているので血糖値の上昇が白米よりゆるやかになり、脂肪は蓄えられにくくなります。

 

雑穀米 糖質制限 画像

特に大麦(押し麦、丸麦)食物繊維が豊富な雑穀で、他の食品のGI値を下げる効果や腸内環境を整える働きも持っているのでおすすめです。

 

玄米は、普段の食事では、扱いにくく、取り入れにくいという声が、多いので、気軽に取り入れやすい雑穀米が大変おすすめです。

 

しかし、雑穀米も食べ過ぎては、糖質制限のサポートにもなりませんので、以下のことも気をつけながら食事をするといいですよ♪

 

雑穀米 効果 画像

雑穀米 効果 画像

 

健康的な身体を手に入れる為の4つのポイント

健康的な身体とは、血糖値の急上昇を防ぎ、胃や内臓に負担をかけない食事法です。

野菜や海藻、きのこ類をたくさん食べましょう。

野菜(特にもやし、緑色の葉物野菜)や海藻、きのこは糖質が少なく、食物繊維が豊富です。またカロリーも少ないので、万が一食べすぎた場合でも胃に負担が少ないです。

 

野菜や海藻などの食物繊維から食べ始めましょう。

食事は糖質の多い主食より、野菜や海藻などの食物繊維から食べると血糖値の急上昇を防ぐことができます。

 

たんぱく質はバランスよく摂取しましょう。

肉や魚、大豆、豆腐、チーズなどはタンパク質が主成分で、糖質は微量ですので、バランスよく摂取しましょう。お酒を飲みたい場合は、焼酎やウイスキーなどの蒸留酒が糖質が少なくおすすめです。

 

料理の砂糖はてんさい糖やきび糖を使いましょう。

料理に使う砂糖は上白糖ではなく、てんさい糖やきび糖などを選びましょう。特に、身体に冷えを強く感じる方は、白砂糖をてんさい糖に変えるだけでも変わってきますよ。

 

今すぐ快調生活!おすすめ雑穀米はこちら

 

やずやの【発芽十六雑穀】

 

  • 16種類の雑穀は全てが国内産で安心安全。
  •  

  • 1パック使いきりで毎日続けられる。
  •  

  • 16種類のうち12種類を発芽させ栄養価をアップ 。
  •  

  • 遺伝子組み換え穀物は一切不要。

 

試作と試食を繰り返すこと100回以上!
もっともおいしいと感じた
こだわりの16種を絶妙にブレンドさせた栄養も味もバツグンの自信作です。

 

やずやの【発芽十六雑穀】の愛用者の98%がおいしいと答え
我が家でも愛用している定番の商品です。

 

雑穀米 効果 画像

>>さらにお得に購入したい方は【お徳用サイズ】がおすすめ

 

GI(グリセミック・インデックス)
食後の血糖値が上昇するスピードを計ったもの。
血糖値の上昇が穏やかであれば脂肪は蓄えられにくくなります。
血糖値が急上昇しやすい食品が「高GI食品」、上昇が遅い食品が「低GI食品」。
※低GI食品=GI値55以下
 中GI食品=GI値56〜69
 高GI食品=GI値70以上